09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

タビ

Author:タビ
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
作業状況:
作業時間が不安定ではありますが、できる時に少しずつ作っています。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

”職人”という言葉に憧れて、
不器用ながらも制作を始めました。

『好きこそ物の上手なれ』


Twitter:なし
Facebook:なし
--------------------------------
開設日:2012.02.28




-今まで作ったもの-
2015年~2016年
2014年
2013年
2012年

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

手作り作品の販売サイト minne(ミンネ)

-----------------------------------
懐奇町商店
ハイツ庭

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

検索サイト

つまみ細工-糊について

2012.10.04 20:26|つまみ細工
早速、正絹でつまみ細工を……と思ったのですが、いつも使っている速乾木工ボンドを切らしていました。
なので今回は伝統的(?)な”でんぷん糊”で作ってみようと思います。
……うまくできた事なんてありませんけどね。

まずは”でんぷん糊”と板を用意します。
使用する糊は和紙用のヤマト糊、つまみの大きさは2㎝角です。

やはり無理ですね。こしが強くてすぐに広がってしまいます。
糊をそのまま放置して二時間後にまた試してみましたが、結果は同じでした。

今度はフエキ糊を使います。
IMG_3790.jpg
糊の粘り気が強く、和紙用のよりずっと使いやすいです。
ですが、どうしても時間が経つにつれて跳ねてしまいます。
IMG_3800.jpg
下の二列が糊を台において直ぐに作ったもの。
一番上の4枚は、糊を台にのせてから二時間後に作ったものです。

そしてさらに二時間後(糊を台においてから四時間後)。
IMG_3808.jpg
置き直してみました。
汚いですね…。

考えられる原因
1、やり方
2、糊の種類
3、糊につまみをのせる時間(四時間以降)
4、生地の性質
5、生地が上手く正方形に切れていなかった
6、不器用

よく見かける板の上にズラっと並んだつまみ細工は、いったいどうやって作られているのか。
謎です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:和風、和物、日本の伝統
ジャンル:趣味・実用

コメント:

情報ありがとうございます

伊庭様、こんにちは!
つまみ専用ののりがあったのですね。一緒に販売されている本も気になります。
のりを火にかけ練るという方法も合わせて、これは是が非でも試してみなくては!
ついつい、つまみ細工も和裁も後回しになりがちにいなるのですが、夏には少し余裕がでてくると思いますので、また一から勉強をしなおして、今度は八重咲きの大輪を作りたいです。
情報ありがとうございました!
なかなか一人では探しきれないもので、とても助かります。

こんにちは

突然のコメントすみません(*_*)
つまみ細工の画像を検索していて、辿り着きました。羊毛の作品も拝見しました!どれも丁寧で素敵な作品ですね。
私もつまみ細工を作っていますが、やはりのりおきが苦手でした。浅草の『つまみ堂』さんで『つまみ細工専用』とかいうデンプンのりを買ってみましたら、すごく使いやすくて。どうも濃さが違うようです。チューブのりを使う場合は火にかけて練ると良いかもしれません…
すみません、怪しい宣伝みたいになってしまいましたが、ご参考にどうぞ…
非公開コメント