06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

タビ

Author:タビ
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
作業状況:
作業時間が不安定ではありますが、できる時に少しずつ作っています。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

”職人”という言葉に憧れて、
不器用ながらも制作を始めました。

『好きこそ物の上手なれ』


Twitter:なし
Facebook:なし
--------------------------------
開設日:2012.02.28




-今まで作ったもの-
2015年~2016年
2014年
2013年
2012年

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

手作り作品の販売サイト minne(ミンネ)

-----------------------------------
懐奇町商店
ハイツ庭

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

検索サイト

数カ月のまとめ  1/3

2015.11.07 19:33|雑記
皆様、こんばんは。本当にお久しぶりです。
数ヶ月、音信不通で申し訳ありません。
骨について記事を書くはずが、その骨作りの途中で「あれもこれも」と欲が出てしまい、どんどんやる事の方向がずれていってしまいました。

今日、ようやく思っていた形に近い形に落ち着きましたので、ひとまずその事のご報告とこの数カ月にやっていた事を簡単にまとめたいと思います。

●開閉できる顎の制作
IMG_0152.jpg

本当はこれをパパっと作って説明と一緒に「この口を使って白フクロウを作ります!」と格好良く宣言するはずだったのですが…。
詳しくはまた後日。


この数カ月の間にやっていた事を簡単にまとめます。

●塗料の見直し
●一次原型の素材探し
●複製のやり方の勉強
●完成品に使う粘土探し
●羊毛の性質調べ

殆ど情報集めに時間を使いました。
情報は全てネット上から。もし間違っている所がありましたら教えていただけると嬉しいです。
製品名、会社名などがごっちゃになっていますが、そこは流していただけたらと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
●使用する塗料の見直し
 切っ掛けは、防塵・防マスクを防マスクと勘違いしたまま作業をしていた事。
 気が付いた時は頭を抱えて叫んでしまいました。
 シンナーの影響か、はたまた元からなのか。
 元々でしょうね。どちらにしろ自分の頭が恐ろしくなりまして…。
 勿体無いですが、注意書きの入った毒物は使わない方がいいという結論にいたりました。
IMG_2426.jpg

 こういう事は一度意識してしまうと、気になって気になってどうしようもないですね。



 ◎ラッカー塗料からアクリル塗料へ
 「塗料 無害」で行きついた情報です。
 『ミニチュアペイント』という、筆で小さなフィギュアを塗るのに適した塗料があるそうで、
 塗膜の強さを中心に探してみたところ、外国製の『シタデルカラー』に辿り着きました。
 無毒でラッカー塗料の強さとまではいかなくても、かなり塗膜が強いそうです。
 ただし、一本550円と高いですが。

IMG_2451.jpg
右側…シタデルカラー 左側…リキテックス レギュラー


 他にも

 ・ファレホ
 ・モデルマスター
 ・P3
 ・アーミーペインター
 ・リーパーペイント

 など、まだまだたくさんあります。
 『モデルマスター』や『P3』も気になっているので、シタデルを使い切った時にでも試してみたいです。


 他、気になった画材コーナーにあるアクリル絵具

 ・ゴールデン・アクリリックス…塗膜と耐久性に優れているそうです。
 ・リキテックス…手に入りやすく、ドール関係で「使っています」という書き込みを多く見かけました。


 油絵の具
 ・アクアオイルカラー ディオ…揮発性の溶剤を使っていない、水で薄められて臭いも無い油絵具。



乾燥時間、伸びの良さ、会社によって微妙に違う色合い、透明、不透明、光沢の有無。
気になる事ばかりですが、ひとまずはリキテックスとシタデルカラーで様子を見る事に決めて、塗料調べは終わりにしました。
関連記事
スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント