04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

タビ

Author:タビ
”職人”という言葉に憧れて、
不器用ながらも物を作っています。

『好きこそ物の上手なれ』

-アルバム-
2015年~2016年
2014年
2013年
2012年
--------------------------------
開設日:2012.02.28

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

手作り作品の販売サイト minne(ミンネ)

-----------------------------------
懐奇町商店
ハイツ庭

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

検索サイト

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OWLS

2014.04.24 23:07|羊毛フェルト(鳥)
翻訳中と言っていた本です。どちらもハードカバーで重たいです。
あいかわらず英語は読めませんが、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるといいますし こちら のサイトと辞書を使って頑張ってみました。
それとフクロウの和名も こちら のサイトを頼りにしました。

左はフクロウ専門のバードカービングの本。
大きさや特徴、各部分のカラー拡大写真に注意する点などが数百ページにわたって載っています。
詳しくは こちら から見られます。(Amazon なか見!検索)

私が見たかったのは”Pygmy Owl”(スズメフクロウ)の部分で、この本には
”Northern Pygmy Owl”(カリフォルニアスズメフクロウ)と
”Ferruginous Pygmy Owl”(アカスズメフクロウ)の二種類が紹介されていました。

右の本はフクロウ図鑑と言うより辞書と言いたくなる本です。
IMG_4765.jpg
前半は特徴や他の種類との違いがイラストと一緒に載せてあり、後半はそれぞれの生息地や生態について書いてある…と思います。すみません。まだ読んでいないので詳しくはわかりません。

たった一体を作るのにどこまでやるのか。
事の始まりはウィキペディアやGoogleの写真検索を使って調べても、色が少し違うくらいでどれも同じにしか見えなかった事なのですが、ここまで調べてみて、やはり個体差で押し通せたんじゃないかと思えてなりません。
そもそも、この日本に違いがわかる人なんていないんじゃないかって…。

後悔はしていませんが……ちょっと涙が出ます。

IMG_4786.jpg
なんだかんだで発進が遅れましたが、ようやく製作に集中できそうです。
まずは足はから。オーダーのものと合わせて3体分を同時に作っています。
形作りや塗装の乾燥時間に、それぞれ一日。
その間に尾っぽを作ります。
が、それはまた次回。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:羊毛フェルト制作
ジャンル:趣味・実用

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。