01 | 2015/02 | 03
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

タビ

Author:タビ
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー
作業状況:
作業時間が不安定ではありますが、できる時に少しずつ作っています。
ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

”職人”という言葉に憧れて、
不器用ながらも制作を始めました。

『好きこそ物の上手なれ』


Twitter:なし
Facebook:なし
--------------------------------
開設日:2012.02.28




-今まで作ったもの-
2015年~2016年
2014年
2013年
2012年

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク

iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

手作り作品の販売サイト minne(ミンネ)

-----------------------------------
懐奇町商店
ハイツ庭

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

検索サイト

【オーダー】ハシビロコウ 制作4

2015.02.28 21:12|羊毛フェルト(オーダー)
だんだんと温かくなってきましたね。
ちょうど天気と気温のいい日があったので”くちばし”に色を塗ってみたのですがー…。
失敗して色も凹凸も全てシンナーで落とすはめになってしまいました。
その際、軽い頭痛がするなど、ちょっとひやりとする事もありましたが、それはともかく、伸びの悪いMr.カラーで広い範囲を塗るのに限界を感じ、次からは新しくエナメル塗料を使う事にしました。
色数や塗料の相性、それぞれ長所短所がたまにわけがわからなくなるのですが、今回のこの二つの場合、
要点は二つ。

”ラッカー塗料”の上に”エナメル塗料”は問題無し。
”エナメル塗料”の上に ”ラッカー塗料”を塗るとエナメルが溶けて滲む。

以上。
幸いプラモデルのように綺麗に塗らなくてはいけない物ではないので、程々に注意しながら塗りたいと思います。


1、サーフェイサー(ラッカー)

”ラッカーパテ”を使い表面にゴツゴツ感を出した後、”サーフェイサー”を使いました。

お化粧で例えるなら、
・”ラッカーパテ”は毛穴の穴埋め材。
 (今回は穴埋めではなく、薄く盛りつけて凹凸を出すのに使いました)
・”サーフェイサー”は全体の色を整え、化粧ののりをよくする為の化粧下地です。


2、クリアーオレンジ(ラッカー)
IMG_8921.jpg
基本色。
これからの作業でエナメル塗料が溶けてたとしても、下地の白色が出ないように薄く塗りました。

3、エナメル塗料(エナメル)  ※作業中※
IMG_8922.jpg
どんなものか知ってはいたのですが、実際に使ってみて本当に感動しました。
凄いですね!塗りやすさ、扱いやすさが『Mr.カラー(ラッカー塗料)』とは全く違います。
もう楽しすぎて下地を活かして塗るのを忘れる程、塗りたくってしまいました。
この後もまた天気のいい日に続きをする予定です。





画力の無さは見逃して下さい。




【スズメのご報告】
IMG_8956.jpg
形が整ってきました。
全体の硬さを調節した後、今は羽を作っています。
65枚中、残り後30枚!
スポンサーサイト

テーマ:羊毛フェルト制作
ジャンル:趣味・実用

【オーダー】ハシビロコウ 制作3

2015.02.13 21:18|羊毛フェルト
修正はずが、下あごの付根の部分を少し広げるだけの作業で、うっかり真っ二つに折ってしまったり、彫りすぎて穴を空けてしまったりと、無駄に作業を増やしてしまいました。
なんとかここまで落ち着いてよかったです。
IMG_8894.jpg

そして、同時に胴体も作っているのですが、こちらはまだまだ球体を抜け出ていないので写真を撮っていません。
今は瓜くらいの大きさなのですが、これを白菜くらいの大きさまで刺しかためるので、お見せできるまでもう少し時間がかかりそうです。


【スズメのご報告】
IMG_8888.jpg
大雑把な形ですが、ここまで作りました。
ハシビロコウは、今はまだひたすら刺すだけの作業なので、集中力が切れた時にこうして他の形を作れると良い気分転換になります。

数が増えているのは……気分です!

テーマ:羊毛フェルト制作
ジャンル:趣味・実用

【オーダー】ハシビロコウ 制作2

2015.02.03 21:15|羊毛フェルト(オーダー)
なんとか外見の形が整ってきました!



IMG_8690.jpg

上顎に一週間、下顎に一週間。
羊毛フェルトだと細かい表現が出来ないので諦めもつくのですが、粘土はどこまでも突き詰める事が出来るので、止め時が分からず困りました。
結局は技術がないので、いくらやっても悪あがきにしかなりませんでしたが…。もっと荒れた爪の様な感じにしたかったです。


IMG_8693.jpg
軽量化と色塗りをしやすくするために上下に分けました。
こうして開けたり閉めたりして遊んでいると、いつか”くちばし”を開け閉め出来る鳥を作ってみたいなと創作意欲がわいてきます。
あ、いえ、まずその前にやるべき事ですよね。一番はハシビロコウとスズメの完成。
今、スズメは足を乾燥させています。

まだ修正したい所が幾つかあるのですが、そちらはぼちぼち整えるとして、ひとまず先にこの”くちばし”が目の大きさと釣り合うかどうか確かめます。
作る時は実際に作る大きさを描いた紙に合わせて作っていくのですが、やはり平面を立体にすると感じる大きさが違うと言いますか…。特に今回は作った事がない大きさで、段々と不安になってきまして。
実際に大きさを合わせてみない事にはわかりませんが、とりあえず次は頭を作って、それに合わせて今後どうするか決めていきたいと思います。

という事で、頭作ります!

テーマ:羊毛フェルト制作
ジャンル:趣味・実用